インプラント治療の流れ

###Site Name###

今までは、歯を失ってしまうと、入れ歯を入れるしか治療法がありました。

しかし、インプラントの登場により、より自然に噛めるようになりました。

それでも、まだ新しい治療法なので、どのように治すのかを知らない人が多いです。

ロケットニュース24情報サイトを利用しましょう。

治療の流れを確認しましょう。


まず、いきなり治療することはありません。



レントゲンやCTなどで、顎の骨の状態を確認し、インプラントができるかどうかを詳しく検査する必要があります。

検査の結果、治療ができることが分かると、手術などの日程を決めていきます。

手術は、日帰りで行える簡単なものですが、旅行などの予定に合わないように予約を取りましょう。

歯のない所にチタン製のネジを埋め込む手術は、局所麻酔をしてから行うので痛みを感じることはありません。

その後は、ネジと骨が結合するまで数カ月待つ期間が必要になりますが、その日のうちに仮の歯を装着できる治療法もあります。しっかり骨と結合したら、ネジの上に、人工の歯を装着していきます。


セラミックを使うので、透明感に優れていて、まるで本物の歯のような見た目を持ちます。
ネジが顎に固定されているので、入れ歯のように外れる心配もなく、噛み心地も自然です。

このように、インプラントはまるで自分の歯のような見た目と噛む力があるので、第二の永久歯とも呼ばれています。

東京の審美歯科の情報はこちらです。

手術が行える歯科医院は年々増えていて、インプラントを受けた患者さんの数もそれにともなって増えている人気の治療法です。